NFT オンラインカジノについての最新・おすすめ情報を随時掲載していきます。どうぞお楽しみに♪

NFT オンラインカジノが注目されていますが、
どうなっているのでしょうか??

 

いよいよ世界各地のオンカジにおいて、NFTを利用した先進的なサービスが始まりつつあるようですが
どうなのでしょうか?

 

2021年に入って急激に注目されたのがNFTです。

NFTとは
海外の例になるのですが、アートや音楽が数十億円という価格で取引されたことも大きく話題になりました。
日本国内でもNFTに注目する業界は多く、既に参入を表明している企業もあるほどです。
そんなNFTですが、まだ知名度的には高くありませんので、どういうものなのか知らないという人も多いでしょう。
そこでNFTとはどのようなものなのかといった基本的な点から、詳しく解説をしていきます。
NFTを知ることで新しいビジネスチャンスと捉える人もいるでしょうから、どのような形で取引をするのかについても確認していきましょう。

NFTとはNon-Fungible Tokenの頭文字をとって略したものです。
日本語に直すと非代替性トークンになります。
もともとデジタルデータというのは、簡単にコピーできるものです。
それがアナログデータよりも優れた面として認識されていたのですが、簡単にコピーできることが1つのネックにもなっていました。
例えばオリジナルの写真や絵画などを作ったとしても、それが唯一のデータであるという証拠がなかったのです。
それがNFTによってオリジナルのデータである、と証明されるようになります。

・・非代替性とはどういう意味なの?

NFTは直訳すると非代替性トークンだとしました。
この非代替性の意味がわからないという人も多いでしょう。
簡単にお伝えするのなら、替えのきかないものだと考えてください。
例えば一枚の絵画あるとしてください。
この絵画を模写したりすると、デキの良し悪しは除いてコピー品が大量にできることになります。
こうしたコピー品については、替えがきくものです。
ですが元絵となる絵画は1枚しかなく、替えがきくものではありません。
ただ実際のアートでは贋作といって偽物が本物であるかのように、市場に流れてしまうこともあります。
ですがNFTを使ったデジタルデータの場合、ブロックチェーン技術を使ってオリジナルのデータだと証明できるのです。
ブロックチェーン上のデータを書き換えするなどの不正は、事実上行なわれることはありません。
そのためアートという分野で言えば、確実に偽物ではないデータを手にできるのです。

・NFTの特徴について見ていこう

では次にNFTにはどんな特徴があるのかを見ていきます。

★所有権が認められるようになった
★誰でも簡単に作成できる
★スマートコントラクトを採用している

以上の3つについて1つずつ確認していきましょう。

・・所有権が認められるようになった

NFTはデジタルデータにオリジナル性を付与するものです。
このオリジナル性の付与によって起こったのが、デジタルデータに対する所有権になります。
この所有権を巡って売買がなされるようになったのです。
前述したように実際に欧米のオークションでは、数十億円という値段がついています。
そこまで高額にならなかったとしても多くの企業がNFTに参入していて、100万円単位で落札されるデータも少なくありません。
このようにデジタルデータに所有権が付与されることで、クリエイターにとっては大きなチャンスが巡ってきたと言えるでしょう。

・・誰でも簡単に作成できる

ここまでの解説だとNFTは最新の技術を使っているので、詳しい人でないと利用できないのではと考える人も多いはずです。
ですが実際には誰でも簡単にNFTは作成できます。
オリジナル性を付与するデジタルデータを、ブロックチェーン上にアップロードするだけだからです。
また最近ではNFT作品を売買するマーケットという場所があり、そこに登録することで誰でもNFT作品を販売できるようになっています。
国内のNFTマーケットは、まだ誰でも利用できるという環境は少ないです。
しかし海外のマーケットだと登録さえすれば、誰でも簡単に利用できます。
ちなみにデジタルデータであれば、どんなものでもNFT化できるのもポイントです。
音楽やアートといっただけではなく、文章や映像、声などのデジタルデータであるのなら何でも利用できます。
そのため幅広い業界から注目を集めているのです。

・・スマートコントラクトを採用している

NFTではイーサリアムが基本的な通貨として利用されています。
その理由はイーサリアムが提供する、スマートコントラクトを使っているためです。
スマートコントラクトとは、売買時に契約を自動的に実行できる仕組みだと考えてください。
この仕組によって、二次販売でもクリエイターに売上の一部が還元されるようになっています。
例えばある作家の書籍を新品で購入したとしましょう。
この書籍を古書店で売った場合、その利益は売り手側と買い手側でしか発生しません。
ですがNFTであればスマートコントラクトによって、二次販売をした場合に幾らかの支払いが生じるため、クリエイターにとっては魅力的なシステムだと言えます。

・NFTにリスクはないの?

NFTの特徴を紹介してきましたが、良い点ばかりではありません。
欠点になっている部分もあるため、その点について紹介していきましょう。
NFTはまだまだ新しい技術であるため法整備が不十分です。
特に2021年になって急激に拡大したこともあり、どの国でも取り扱いに困っているというのが実情でしょう。
そのため法律が不十分なことで、何かしらのリスクを負ってしまうことがあります。
例えば税金の面にしても、どのような扱いになるのかなど、個別に税務署に相談する必要が出てきます。
そうした点を疎かにしていると、追徴課税などの対象になるリスクがあるでしょう。

・知らずに犯してしまう著作権の侵害リスク

NFTは飽くまでもオリジナル性を付与するだけの仕組みです。
クリエイター自身が手続きしていればよいのですが、作者とは違う人間が勝手にNFT化してしまうこともあります。
実際に海外では著作権を侵害したコンテンツがあり、大きな問題にもなっているのです。
例えば本物だと信じて購入したものであっても、それがあとから偽物だとわかるようなリスクがあります。
また著作権を侵害した作品を売買していると、莫大な損害賠償を求められるかもしれません。

NFTについての情報をまとめてみました。
日本語に直訳すると非代替性トークンというもので、デジタルデータに対してオリジナル性を付与する仕組みだと考えてください。
このNFTを利用することによって、デジタルデータにオリジナル性が証明できるのです。
結果としてデジタルデータにも所有権が認められるようになりました。
そうしたNFT作品が海外のオークションで、数十億円もの価格で落札されたことで、日本でも注目を集めるようになったのです。
実際に日本人でもNFT作品を販売しているクリエイターは少なくありません。
ただし2021年になって急激に注目を集めた技術であることから、まだまだ法整備などが進んでいない一面もあります。
結果としてNFTを使った詐欺などもあるので、利用する場合は十分な注意が必要でしょう。

仮想通貨に投資をしている人も多いでしょう。
そんな仮想通貨業界で最も注目を集めているのがNFTでしょう。
このNFTに関連する銘柄が、国内外で話題になっているのです。
NFTの基本的な通貨であるイーサリアムはもともと有名でしたが、それ以外にNFTに関連する銘柄がどんどん市場価格を上げています。
そうしたNFTに関連する銘柄について解説していきましょう。
各銘柄に関する特徴や、魅力となるポイントについても確認します。
最も注目を集めているNFT銘柄ですが、まだまだ価格としては手頃なものが多いです。
そのため早めに購入しておくことで、数年後には大きな資産となってくれる可能性はあるでしょう。

・NFT銘柄について知ろう

仮想通貨の中でも比較的に新しい分野になるのがNFT銘柄です。
新しい分野であるだけに関連する銘柄の数も少ないと考えるかもしれませんが、2022年の2月時点で上場している銘柄だけで100種類程度確認できます。
さらに上場前の銘柄ともなると、かなりの数があると言えるでしょう。
また上場している100種類程度の銘柄すべてが優良なものではありません。
確かに価格も安いことから手を出しやすいというメリットはありますが、その反面で順調に成長していくとは限らないからです。
つまりリスクをできるだけ低くしたいのなら、やはり現時点で好調なNFT銘柄を中心に投資の対象としていくべきでしょう。

・・特にこの銘柄に注目が集まっている

では実際に注目されているNFT関連の銘柄について見ていきます。

★Axie Infinity
★THETA
★Flow
★Enjin Coin
★Decentraland
★WAX

以上のような銘柄が代表的でしょう。
NFT銘柄は数多くあるため、何かしらの特化したサービスがあると注目されやすいと言えます。
ではどのような銘柄なのか詳しく解説します。

・Axie Infinity

Axie Infinityは2021年の7月から10月の初旬まで、実質的に約3ヶ月の間で価格が約17倍にもなった銘柄として知られています。
もとはNFTゲーム内で使われている仮想通貨です。
Axie Infinityは最も人気のあるNFTゲームの1つで、ゲーム内のキャラクターやモンスターを売買できるのが魅力になります。
フィリピンなど平均所得の低い国であれば、このゲーム内で稼げるお金だけで生活している人もいるほどです。
ちなみにゲームをスタートさせるには、数万円程度の費用が必要となります。
ただしスカラーシップという制度があるので、無料でスタートすることも可能です。
先にもお伝えしたようにAxie Infinityは、かなり注目を集めている仮想通貨の1つでもあります。
ただAxie Infinityというゲームの盛衰とともにある通貨でもあるので、短期から中期的に見て価格が上昇していく可能性は高いでしょう。

・THETA

THETAは非中央集権的な動画プラットフォームの構築を目指している仮想通貨です。
現在の動画サイトの代表例がYou Tubeでしょう。
You Tubeという根本があって、そこに各ユーザーが動画を投稿する仕組みです。
こうした仕組みは中央集権的であり、You Tubeを運営するGoogle次第でどうとでもルールが変更されてしまいます。
他方でTHETAはブロックチェーンを活用することで、低コストを実現するだけではなく、事実上サーバー容量の上限をなくせる点が魅力になるのです。
ちなみに上述したGoogleとも提携していますし、日本国内では知名度の高いLINEも提携企業の1つとなります。
こうした大企業との提携によって、より信頼性を高めているのです。
結果として価格の上昇も見られる銘柄だと言えます。

・Flow

Flowは高速かつ安全に使える、新しいブロックチェーンの構築を目標とします。
開発者に優しいブロックチェーンも目指しているのが特徴でしょう。
従来のブロックチェーンでのアプリ開発は、イーサリアムで行なわれています。
ただし使われるアプリやユーザーの増加によって、スケーラビリティの問題を抱えるようになったのです。
こうした問題点を解決するためのブロックチェーンとして、Flowは開発されています。
開発しているのはDapperLabsです。
NFTゲームとして人気のクリプトキティなどを手掛けてきた会社なので、信頼性がかなり高いと言えるでしょう。
日本の仮想通貨取引所であるコインチェックとも提携しているのも魅力の1つです。
いずれは国内市場でも上場される可能性が高いと推測できます。

・Enjin Coin

Enjin Coinは国内でも注目されるNFT銘柄の1つです。
オンラインゲームのためのプラットフォームを提供していて、現時点で既に30種類以上のゲームで利用されています。
Enjin Coinの特徴となるのが、同じプラットフォーム内のゲームであれば異なるタイトルでもアイテムの売買ができる点です。
例えばAというゲームのキャラクターやアイテムを、Bというゲームで売れます。
このプラットフォーム内の基軸通貨なのがEnjin Coinなのです。
既に2000万人以上のユーザーを獲得していて、2500超のプロジェクトが進んでいますので、将来性もかなり高いと言えるでしょう。
取り扱いする仮想通貨のチェックが厳しい国内の仮想通貨取引所でも、Enjin Coinは2021年に上場しました。
これによって一気に価格が高騰しています。

・Decentraland

DecentralandはVRのプラットフォームとなります。
最近注目されているメタバースを利用したサービスで、ユーザーがその中で新しいNFTのアイテムやコンテツを作り出すことができるのが特徴です。
当然作り出したアイテムやコンテンツは、そのまま売買できるのが魅力になります。
Decentraland上のすべてがNFT化されていることもあり、土地なども売買できるようになっています。
様々な企業やプロジェクトとの提携を進めていて、スケーラビリティの問題が起こっているイーサリアムだけではなく、Polygonにも対応しているのがポイントです。
世界的に注目を集めていることもあり、NFT銘柄の中では時価総額が高いのも特徴でしょう。

・WAX

WAXは世界でも最大規模となるゲーム内アイテムの売買サイト、OPSkinsが運営している仮想通貨のプロジェクトになります。
NFTを使ったゲームアイテムの売買やトレードに使われるプラットフォームを提供していて、独自通貨になるWAXPが基軸として使われる形です。
金融プラットフォームであるSALTとの提携も行なっているのが魅力です。
ちなみにSALTは仮想通貨を担保にして、法定通貨を借りられるシステムになります。
ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を対象としていましたが、ここにWAXPも追加された形です。
つまり上記のような有名仮想通貨と同じ扱いを受けているのがポイントです。

NFT銘柄について説明してみました。
仮想通貨の業界でも注目を集めるNFTですが、関連する銘柄が多く出ています。
こうした銘柄に早くから投資をすることで、数年後には一攫千金の夢が叶うかもしれません。
特にEnjin Coinは国内の仮想通貨取引所にも上場したのがポイントです。
これまで国内の仮想通貨取引所ではNFT関連銘柄を取り扱うことはなかったのですが、信頼性の高さなどからEnjin Coinが2021年に上場されました。
これによって一気に市場価格が高騰しています。
今後もNFTの裾野が広がっていけば、新しい通貨も上場するようになるでしょう。
長期的にはまだどうなるのか不明ですが、中短期的には投資する価値がある銘柄を青田買いしておくことに価値が出るかもしれません2021年に大きく注目されたNFTですが、その市場は現在も拡大中です。
今のところNFTはバブルのような傾向にあり、何でもない作品にも値段がついたりしています。
実際に8歳の少年が夏休みの自由研究として取り組んだNFTアートが、200万円を超える価格でも落札されました。
こうしたニュースを聞いて、自分もNFTアートを作りたいと考える人も多いでしょう。
そこでNFTアートの作り方について詳しく見ていきます。
NFTアートと聞くとなにか特別なことのように思う人もいるでしょうが、実は難しく考える必要はありません。
その理由についても合わせて解説していきましょう。

・NFTアートとは

NFTとはデジタルデータに対して、ブロックチェーンの技術を使ってオリジナル性を付与する仕組みのことです。
デジタルデータにオリジナル性を付与できる、というのがポイントになります。
従来のデジタルデータには欠けていたため、そこに価値を見出すことができませんでした。
例えば絵画の世界で、名画につけられる鑑定書のようなものです。
ただNFTの方が鑑定書よりも、しっかりとしたオリジナル性を付与できます。
このNFTを使ったアート作品全般を指すのが、NFTアートだと考えてください。
アートと聞くとイラストなどのCGをイメージするかもしれませんが、実際にはすべてのデジタルデータが対象となります。

★絵画
★音楽
★動画
★音声

などが代表的なものだと言えるでしょう。
こうしたオリジナルのデータに対して、NFTでオリジナル性を付与するだけでアートという作品になります。

・・NFTアートはクリエイターの権利を守る?

NFTアートはクリエイターの権利を守るものだと言われています。
クリエイターが直接販売する一時流通では、当然ですが販売額がそのまま収入として数えられます。
従来のアナログな販売ではクリエイターから購入した作品を、他の人に転売する二次流通では報酬が発生しませんでした。
ですがNFTアートではスマートコントラクトの機能によって、二次流通された場合でもロイヤリティが発生する仕組みをとっているのです。
スマートコントラクトは売買契約が結ばれた時点で、自動的に実行されるものなのでごまかされるといった心配もありません。
つまりクリエイターにとっては、NFTアートで販売するメリットは大きいと言えるでしょう。

・NFTアートを作るのに仮想通貨が必要?

NFTアートを作る上で仮想通貨が必要となるのでしょうか。
結論からお伝えしますと、仮想通貨が必要となります。
ここで言う仮想通貨とは、イーサリアム系の銘柄のことです。
なぜ必要なのかというと、NFTというのはそもそもイーサリアムのプラットフォームを使っているためです。
アートを作る段階で必要ではないのですが、アートを販売する段階にてアップロードするのに手数料がかかります。
この手数料の支払いに使われるのがイーサリアムなのです。
そのためNFTアートを作って、実際に販売しようとなるとイーサリアムが必須となっています。
ちなみに実際に必要なものは以下の通りです。

★国内仮想通貨取引所の口座
★イーサリアム系のウォレット
★NFTマーケットプレイスのアカウント

イーサリアムを購入するためには円で決済できる取引所を利用する必要があります。
そのため国内の仮想通貨取引所にて、口座を作らなくてはいけません。
そこに入金することでイーサリアムを購入可能です。
次にNFTの売買をするためには、イーサリアムをウォレットに移動させます。
このウォレットのアカウントが必要となるのです。
最後にNFTアートの売買をするマーケットプレイスにてアカウントを作成し、ウォレットと紐付けします。
これで作成したNFTアートを販売できるようになるのです。

・NFTアートを作ってみよう

では実際にNFTアートを作るとして、どうすればよいのでしょうか。
上述したようにNFTアートを作るためには、もとになるデジタルデータが必要となってきます。
そのため基本的にはパソコンやタブレットなどを使って、データを作ってください。
例えば何かしらの絵をNFTアートとして出品したいとします。
この場合、下書きは紙などに行なって、アプリを使ってデジタルデータとして取り込むといったことも可能です。
一旦デジタルデータにしてしまえば、後は加工ソフトなどを使って仕上げを行なっていくと良いでしょう。
他の音楽や動画などに関しても、基本的にはデジタルデータとして取り込んでいく必要があるのです。

・・NFTアートには2つの種類がある

大きく分けるとNFTアートには2つの種類があります。

★1点もののアート作品
★コレクション性があるアート作品

1点もののアート作品とは従来の絵画のようなものだと考えてください。
例えば有名なCGアーティストが作った作品などがわかりやすいでしょう。
世界に1つしかないアートになるため、価格も大きくなりやすいのが特徴です。
他方でコレクション性がある作品というのは、あるテーマに従って作成された作品群だと考えるといいでしょう。
代表的な例としてはクリプトパンクスがあります。
共通するテーマはあるのですが、細部が違っているというものです。
例えば人物の場合だと髪型や顔の輪郭、背景の色や小物が違うなどでしょう。
こうした作品群にはコレクション性があることから、まとめて購入したいという人もいるようです。

・初心者でも作りやすいピクセルアート

NFTアートを作るといっても、何かしらの技術が必要となります。
そんな中でも比較的に誰でも手を出しやすいのが、ピクセルアートでしょう。
ピクセルアートとは、簡単にお伝えするとドット絵というものです。
このドット絵にしても、実はピクセルアートを作成するツールがあります。
スマホからでも利用できるので、興味がある人は使ってみるといいです。
ただし売るためには市場の需要を考える必要があるでしょう。

NFTアートの作り方についての情報でした。
2021年から急激に市場が拡大したNFTではアート作品が中心となっています。
そもそもNFTがデジタルデータに、オリジナル性を付与する仕組みです。
つまりデジタルデータであれば、どのようなものでもNFT化できると考えてください。
その中でも特に絵画や音楽、動画などがアートとして販売されています。
実際に日本人アーティストも多く参加しているのがNFTアートです。
作り方としては、とにかく自分のオリジナルのアートを作ってください。
デジタルデータでないとNFT化できませんので、その点にだけ注意しましょう。
できあがったアート作品はマーケットプレイスにて、NFT化してから出品するという形です。

 

>最新のNFT NEWS

最新のNFT NEWS

NFT ONLINECASINO最新情報を随時アップデートしていきます。2022年目が離せないNFTシーンに注目です.

CTR IMG